通勤で働くか在宅で働くか?

チャットレディには通勤という形もある

チャットレディにはチャットルームに通勤するタイプの通勤チャットレディと、自宅で気軽にできる在宅チャットレディの二つの働き方があります。

在宅チャットレディはチャットの報酬率が1,2割高くなっていますし、通勤チャットレディはスタッフのサポートを受けることができたりウィッグなどの道具が無料で使えるので、両者ともメリットがあります。

このページでは、通勤チャットレディと在宅チャットレディを徹底的に比較しているので、これからチャットレディを始めようと思っている人や、まだ始めたばかりでチャットレディについて詳しく知らないという人はぜひ読んでみてください。

在宅チャットレディとはその名の通り家でチャットできます

在宅チャットレディとは読んで字のごとく、自宅でチャットレディができます。ライブチャットは24時間やっているので、早朝でも深夜でも好きな時間に好きな時間だけ稼働することが可能です。30分でもいいですし、12時間働いたっていいんです。

24時間好きな時間帯に好きな時間数働くことができますが、デメリットとしてはライトやウィッグや衣装などは自分で自己負担で用意する必要があります。

だからといって、豪華な部屋を用意する必要もなく、今あるものでただチャットレディとして稼働するだけなので、特段のデメリットというわけでもありません。

私はどちらかというとスマホの方が多いですが、パソコンでもチャットをしたりするので、洋服やウィッグは自分のものを使っています。

自宅でライブチャットをするときは、プライベートなものが移らないようにしましょう。プライベートなものがうつると、個人情報が特定されたりするので注意が必要です。

こういった意味ではライブチャット用の部屋をしっかり作り込む必要があるのと、もしアダルトチャットレディをしていて、ピンクローターやバイブなどの大人のおもちゃを使うのであれば、こういったものも自己負担です。

チャットルームは全国各地にある

通勤チャットレディというのは、その名の通りチャット専用の事務所に通勤して、働くパターンです。チャットルームは東京だけではなく地方都市にもあります。

チャットルームの利用料はすべて無料です。交通費は自己負担のところが多いですが、一回通勤してしまえば交通費なんて軽々超えて稼げるので、交通費は無料と思ってもいいでしょう。

チャットレディの仕事で使うパソコンやライトやアダルトグッズなどもチャットルームですべて無料で調達出来るので、なにも持ってかなくても仕事ができるのがメリットです。

通勤チャットレディの事務所にはスタッフさんが常にいるので、チャットレディ初心者の人なら稼ぐコツなども教えてもらえますし、何かトラブルが起きたときもすぐに対応してもらえるのもありがたいですね♪

通勤か在宅は自分で選べる

在宅チャットレディは自分を照らすライトやヘッドセットなどがなければ買う必要がありますし、通勤チャットレディはそれらの費用がないかわりに交通費がかかるので、どちらにもメリットデメリットがあります。

通勤チャットレディと在宅チャットレディの報酬率はチャットサイトによってまちまちですが、在宅チャットレディの方が1,2割程度高く設定されています。

なぜ通勤チャットレディの方が報酬率が1,2割程度下がってしまうのかというと、スタッフさんの人件費やチャットルームの賃貸料などの費用があるからです。

在宅と通勤では一長一短ありますが、通勤にした方が集中出来てばりばり働けるという人は通勤チャットレディ、自宅でまったりやりたい人は在宅チャットレディでいいと思います。

在宅でチャットレディをやるときのメリット

在宅チャットレディのメリット

在宅チャットレディの最大のメリットは好きな時間に好きなだけ働けることだと思います。他にも通勤に比べて報酬率が高いのもメリットです。

在宅でチャットレディをするときは自分でチャット環境を作る必要がありますが、ウィッグや服などを持っていればそれを使うだけなので、それほどのデメリットでもありません。

在宅チャットレディのデメリット

在宅チャットレディのデメリットは自己管理能力が試されるところだと思います。自分一人ですべてを決めることができるからです。

通勤チャットレディの場合は、チャット事務所に通勤してしまえば、自ずと仕事モードに切り替わって、自動的に集中出来る環境が整っています。

在宅チャットレディは自分の一存ですべてを決めることができるので、簡単にサボることができます。

在宅チャットレディはすべて自分の思いのままなので、来週からやろうとか、今日はめんどくさいとか、今日はつかれてるから今度にしようとか、そういうサボりがちな方向へついついいってしまいがちになります。

なので、自己管理能力があまりない人は在宅チャットレディは向いていないかもしれません。

その他のデメリットには、チャット環境を自分で作り上げる必要があります。チャットに必要な器具や用具などを自分で用意する必要があるんです。

スマホよりもパソコンの方がやりやすいと思って、パソコンを買ってはみたものので、思うように稼げなくてやめてしまったりしたらパソコンが無駄になってしまいますよね。

在宅チャットレディは通勤チャットレディと違ってスタッフと対面出来るわけではないので、親身なサポートを受けにくいというデメリットもあります。

通勤チャットレディの利点とは

通勤チャットレディのメリット

通勤チャットレディの最大のメリットはもちろん自宅以外の専用ルームでチャット出来るという点ではないでしょうか。他にもスタッフからアドバイスをもらえたり、ドリンクバーが付いていたり、備品を無料で借りることができたりなどもメリットの一つです。

通勤チャットレディはチャットルームにすべてがそろっているので、ただ出勤するだけなので気軽に仕事ができる環境が整っています。

チャットルームに出勤するだけで、パソコンはもちろんのこと、ヘッドセットやカメラやアダルトチャットをする人はピンクローターやバイブまで用意されているのでほんとに何も持って行く必要がありません。

通勤チャットレディは自己管理能力も余り必要なく、チャットルームに行くだけで仕事がしやすい心理状態になれます。スタッフさんに質問もしやすいです。

在宅チャットレディは自己管理能力が試されますが、通勤の場合は近くのチャットルームに通勤するだけで仕事モードに入って集中してチャットができるのがメリットの一つです。

チャットルームに通勤する場合は、もし実家暮らしでチャットレディでお小遣い稼ぎがしたいという人は親の目も気にせずにのびのびとやれるというメリットもありますね。

通勤チャットレディのデメリット

在宅と比べて通勤チャットレディはチャットルームの維持費がかかるので報酬率が少し下がってしまいます。他にもチャットルームが満室で使えなかったりというデメリットもあります。

近所の都市にチャット専用ルームがない

チャットレディを通勤形式で働きたいと思っていても、近場の都市にチャットルームが設置されていないという人も多いと思います。チャットルームというのはある程度の都市にしかないのがデメリットです。

近所にチャットルームがないならそれはそれで在宅でやるしかないので、なんとか在宅でやる方法を探ってみましょう。

実家暮らしで親が知っているのであれば堂々と出来ると思いますが、親に内緒でやっている人は、なんとかばれないようにやってみましょう。テレフォンレディやメールレディだけにするという手もあります。

チャットレディの働き方の選び方

チャットレディをこれから始めようとしている女性は、ライブチャットサイトを何にするかがとても大切です。報酬率もそうですし、アダルトカノンアダルトかなどもあります。

チャットレディ業界には悪質な業者などがはびこっています。

せっかく稼いだ報酬を支払ってもらえなかったり、アダルトを強制されたり、退会出来なかったりなどなど。

以上のようなことから、ライブチャットサイトを選ぶときは、優良に運営されていて、健全運営を心がけている、なるべく大手のチャットサイトを選ぶことが肝心です。

チャットレディを本業にする人も副業にする人も、働くに当たって何が目的でやりたいのかを吟味しましょう。

なるべく初期費用がかかるようなバイトをしたくなく、副業で完全に自宅でやれるバイトをしたいなどです。

通勤チャットレディは通勤するのが面倒で、自分一人でのびのびと在宅でやりたいと思っている人はもちろん在宅チャットレディがおすすめです。

自分が働きたいスタイルに合ったやり方を見つけ出して、それに合った方法を採用することが何より大切です。

自分が何を最優先するべきかを自分の中で明確にすることにより、どっちの方が自分に合っているかが自ずとわかると思います。報酬率が少しでも高い方がいいというのであれば在宅チャットレディ、自宅だと集中出来ないとか家族の目が気になるとかなら通勤チャットレディがおすすめです。

人によってどちらが合っているかはそれぞれなので、メリットデメリットをしっかり見極めた上でどちらが自分に合っているかを決めましょう。

チャットレディという副業は、自分で自分を制御するノルマをコントロールする能力が必要です。とくに在宅チャットレディは自分一人でやったりやらなかったりを選べるので、そういう意味では自己管理能力がすごく必要です。

自宅だといろいろなことに気が散ってチャットの仕事に集中出来ないという人は、もちろん通勤チャットレディがおすすめです。通勤チャットレディなら、自宅にあるような漫画やDVDがあるわけではないので、集中して仕事に臨むことができます。

在宅チャットレディと実家暮らしは相性が悪いと思います。自分の部屋でやっていても親に聞かれているかもしれませんし、常に親の気配を伺いながらチャットをするのもきがひけてしまいます。

親の承諾なしで、内緒でやっている人は、気にしながらチャットをしていても本領を発揮出来ないと思うので、思う存分できるチャットルームに行った方がいいかもしれませんね。

家の近くにチャット専用ルームがなくて、どうしても家でしかできないという人は、在宅チャットレディしかないと思いますが、通勤チャットレディができる環境にいる人は、通勤と交互にやってみてもいいかもしれませんね。

チャットレディという仕事をするのですから、できる限りたくさん効率的に稼ぎたいと思います。

みなさんチャットレディを始める人は、目標金額があると思います。目標金額を達するまでは稼ぎ続けましょう。

チャットレディは自分に会った働き方の方が長続き出来ます。なので、通勤チャットレディの方がいいのか、在宅チャットレディの方が自分に合っているのかを見極めて自分が長続き出来そうな方を選びましょう!